どーも、じゅんです。

 

恋人に過去の事ってどこまで話したらいいの?

全部話して引かれたらどうしよう…

という疑問や不安があるかと思います。

このページでは恋人に過去の事全てを話すか

どうかをまとめました。

好きな人と長く一緒にいるにはどうするか

チェックしてみてくださいね。

恋人に過去のことを話す?

付き合ったら全部知って欲しい!

恋人の今までの事は知っておきたい!

過去は過去!今の恋人が好きだ!

恋愛には様々な意見がありますよね。

 

ラブリサーチが女性117人に「パートナーに元恋人の話をするか?

というアンケートを取った結果をまとめました。

対象:女性117人

対象期間:2016.07.28~2016.08.13

参考資料はこちら

 

 

 

 

女性の117人中75人(64%)がする、42人(36%)が

しないと回答しました。

半数以上の女性がするということで、やっぱり

恋人の過去が気になるんでしょうね。

あなたはどっち派ですか?

 

ちなみに僕は聞かない派です。

でもここは男女でも意見が違いそうですよね。

なので恋人が過去の恋愛を聞いてこないから不安…

と思いこむのは止めましょうね。

 

恋人に過去を話すとどうなる?

恋人に過去を話すとどうなるんでしょうか?

次の事が考えられます。

 

いざこざが起きる

過去、すべてが良いことだらけだと

いいですが、恋人にとって都合が悪いことや

隠しておきたい事の一つや二つはありますよね?

 

正直に全て話してしまうと

嫉妬やヤキモチを妬かれて言い合いが必ず起きます。(体験談)

冗談でも言い合いが始まると

何かあるごとにその話をされることになります…。

 

相手を信用できなくなる

自分にとって、都合が悪いことが

あったとしましょう。

そうすると過去の事でも信用ができなくなりますよね。

 

例えば、前に好きだった人から

わたし、元キャバ嬢なの。でももう3年前のことで

今はちゃんと会社員だし・・付き合ってくれる?

と言われた事があります。

 

それを聞くまでは付き合いたいと思っていましたが

ショックで黙ってしまいましたね。

今はちゃんとした会社員と分かっていても

男性関係がだらしないんじゃないか?

男遊びが好きなのかな?

俺で満足させてあげられるんだろうか?

と頭によぎりましたね。。

 

全て話して理解してもらえる!

と思うことは素晴らしいですが

現実には難しいということを覚えておきましょう。

 

恋人に話しておいた方がいい内容とは?

全て話さない方がいいと分かりましたね。

じゃあ、どの程度まで話していいの?

という疑問が湧いてくると思います。

 

最低限、ここまで話しておきましょう

という内容を書いていくのでチェックしてみてください。

 

▶学生時代の部活

▶前の恋人と別れた理由

 

それでは、一つひとつ見ていきましょう。

 

学生時代の部活

コレは話しておいた方がいいというか

ネタとして話してもいいでしょうね。

デート中何を話そうか困った時に

スゴく役に立つ内容ですね。

 

初デートの時にでも

学生時代、部活は何かやっていましたか?

と聞けばそこから話しが展開できますよね。

スポーツ系なら、今でもやってるんですか?とか

自分も好きです。とか色んな話しに広げられますよね。

会話に詰まった時などは是非試してみてくださいね。

 

前の恋人と別れた理由

経験上、コレは聞くし聞かれます。

恋愛の話しになったとき

一番多くある質問ですよね。

 

結婚を意識しているからこそ

変な理由で別れたりしてないかな?

自分(あなた)と合いそうかな?と

考えるから確認しておきたいですよね!

 

まぁ相手がホントの理由を言うかは分かりませんが

色々と見極めることは出来そうですよね。

 

恋人に話さなくていい内容とは?

では恋人に話さなくてもいい内容は

あるんでしょうか?

円満に長く続ける秘訣は相手を信じること

ですよね。

個人的には話さなくてもいい内容があると

思っています。

 

▶過去の恋愛遍歴

 

恋愛遍歴とは

・いわゆる何人と付き合った?

・初恋の人はどういう人?

・タイプじゃない人と付き合ったことはあるか?

・今までは告白してきた?

 

というちょっと踏み込んだ質問ですね。

 

 

 

恋人に過去を話す・話された時に気をつけたいことは?

では、恋人に過去のことを話す・話された

時に気をつけたい事を紹介します。

 

▶必要以上に詮索しない

▶過去のことにヤキモチを妬かない

 

それでは一つひとつ見ていきましょう。

 

必要以上に詮索しない

好きな人の過去を知りたくなるのは

当たり前ですよね。

知りたい一心でたくさん質問したり

深堀しがちですが最低限にしましょう。

 

相手の表情を見たりして必要以上に

詮索しないようにしましょうね。

 

過去のことにヤキモチを妬かない

一番気をつけたいのがコレです。

自分で聞いておいて都合が悪いことを

知ったときにヤキモチを妬いてしまうことですね。

 

例えば、学生時代異性からスゴくモテてた

というのを聞いたとしましょう。

それに対して「へぇ~バレンタイン何個貰ったの?」

「遊びたい放題だったの?」とヤキモチを妬くことは

止めましょうね。

 

大切なのは、あくまで相手を知るということ。

そして過去は大切だけど、過ぎ去ったことです。

 

あなたが恋人と円満にいくためには

過去を全て話すんじゃなくてお互いに

楽しみ程度に知っておこうということです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は恋人に過去をすべて話すかどうか

をまとめました。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

 

おすすめの記事