どーも、じゅんです。

 

恋人に本音を言えなくて困っている…

どうすれば恋人に本音を言えるの?

という悩みや疑問があるかと思います。

このページでは恋人に本音を言う大切さと

言えない原因・対策を紹介します。

ご自身の状態と照らし合わせてみてください。

恋人に本音を言える?

付き合っていく時間が長いほど

理想とのギャップに悩むかと思います。

 

あ~デートプラン考えて欲しい!

あれ、思ったより清潔感がないな…

連絡をもっとしてほしいな…

と心の中で思ったことはありませんか?

 

僕も毎回と言っていいほど

付き合い当初のトキメキはなくなって

途中からギャップを抱えていました。

彼女のことは好きだけどなんか違う…

ここはもっとこうして欲しい!

と思っていました。

 

恋人に本音を言えない原因は?

恋人に本音を言えない原因は

何があるんでしょうか。

当てはまることがあるかチェックしてみてください。

 

言ったら嫌われると思っている

一つ目はこれです。

本音を言ったら嫌われると思っている

ことが挙げられます。

何事も平和が一番ですからね~。

思っていることを言って

もし別れ話しを切り出されたら…

 

そう考えると黙っておくのがベスト

だと考えたくなりませんか?

相手が傷づくくらいなら

自分が犠牲になったほうがいい。

その方が幸せになれる。

そう考えていくと少し我慢するくらい

なんてことはないと思うようになります。

 

ケンカをしたくない

本音を相手に伝えると怒ってケンカに

発展してしまうかもしれませんよね。

ケンカをすると2,3日は口を利かなかったり

険悪なムードになって、最悪の場合

別れる可能性もありますね。

 

恋人に本音を伝えないとどうなる?

恋人に本音を言えない原因が

分かりましたね。

では本音を伝えないとどうなるんでしょうか?

あなたも陥っているかもしれないので

チェックしましょう。

 

▶ストレスが溜まって自律神経に乱れがでる

▶恋人に気を遣うようになる

▶恋人といても楽しくない

▶新しい出逢いを考えるようになる

 

それでは一つひとつ見ていきましょう。

 

ストレスが溜まって自律神経に乱れがでる

心の中では「それは違うよ!?」と思っているのに

我慢してしまうことはありませんか?

そうするとストレスが発生します。

初めのうちは気づかないほど小さいですが

時間が経つにつれて大きくなっていきます。

気づくといつもイライラしたり

毎日がつまらなくて自立神経が乱れていきます。

 

恋人に気を遣うようになる

二つ目がこれです。

恋人に気を遣いすぎてしまいます。

「親しき者にも礼儀あり」ということわざが

あるようにある程度の配慮は必要ですが

気を遣いすぎるのは違いますよね…。

 

僕も20代前半で付き合った彼女に

気を遣いすぎて上手くいきませんでした。

彼女はほとんどメールをしない人で

僕は毎日したい派。

 

本当はもっと送ってほしかったけど

それを言ったら嫌われそうで怖かった。

なので僕は言うのをためらったんですよね。

それから彼女に嫌われないように

気を遣うようになりました。

もちろん、そんなの上手くいくはずもなく

5カ月もたずに破局しましたね;

 

恋人といても楽しくない

本音を言わないんだから恋人の前にいる

あなたは偽りの姿ということになります。

本当の気持ちを抑えて笑顔を作っていたり

楽しいと言っていたりする。

でも心の中はそうじゃないと気付いているはずです。

 

その状態が何回か続いていくと

恋人といても楽しくない。

だんだんと苦痛になっていくんですね。

相手を傷つけないようにしたのに

自分が傷つくなんて変な話しですよね。

 

新しい出逢いを考えるようになる

恋人に本音を言わなかったら…

ストレスが溜まったり気を遣うようになって

最終的には「この人違うんじゃないかな?」

「わたし(僕)の生活に必要ないんじゃないかな?」

と思うようになります。

 

少しでも疑問を持つとあとは早いです。

新しい出逢いを探すようになるんですね。

彼氏(彼女)と付き合ってるけど

ギクシャクして次の候補を探している

なんてことはよく耳にしますよね。

 

本音を言って向き合っていれば

そんなことになることはなく

毎日楽しい生活をしているはずだったのに!

新しい出逢いを探すようになったら

修復はかなり難しいですね。。

 

恋人に本音を伝えるメリットとは?

逆に恋人に本音を伝えるメリットを

考えていきましょう。

メリットは以下の2つあります。

 

▶お互いの気持ちがハッキリする

▶よりよい関係になる

 

一つひとつ解説していきますね。

 

お互いの気持ちがハッキリする

一つ目はこれです。

思っていることを言わないと

伝わりません。

声に出して初めて「あ、あなたはそう思ってるのね」

と相手の考えていることが分かりますよね。

 

自分の中で勝手に解釈していたことが

間違いだと気づく場合も多くありますね。

僕は過去の彼女と話し合いをした時に

「あ~そう思ってたんだ!」と言われました。

 

そこで初めて自分と彼女の考えが違うことに

気づいたんです。

それからお互いの考えを取り入れて

付き合うようになりましたね。

 

より良い関係になる

本音を伝えることであなたの気持ちが

相手に伝わりますよね。

そうするとお互いどう思っているか

分かるので相手のことを知れるキッカケになるんです。

 

傷つきたくないからと殻にこもって

結局上手くいかなくなるより

本音を伝えることでお互いのことを

もっと知ることができるんですね。

 

長続きする秘訣にコミュニケーション

をとることと言われますがその通り

かもしれませんね。

 

恋人に本音を言うにはどうする?

本音を伝える大切さは分かりましたね。

ではどうやって恋人に本音を言えばいいんでしょうか。

 

相手の立場も尊重しつつ自分の意見を言う

本音を言ったらいいんでしょ?

思ったことをそのまま伝えては

相手も気分が悪いですよね。

 

どうするか?

別のことに置き換えて考えてみましょう。

仕事上で取引先or上司と交渉するとき

どうしますか?

相手の意見も尊重しつつ自分の意見を

言いますよね?

 

恋愛も同じです。

あなたの気持ちもわかるけど

わたしは困ってるからこうして欲しい

と提案することがベストかなと思います。

 

頭ごなしに相手を否定したり

ヒステリックにならないように

落ち着いたところで話し合いましょうね。

よりよい関係を築けるように願っています。

 

関連記事を載せておくので参考にしてみてくださいね。

△参考:男を見る目を養う方法は?結婚したくなる人と出会う!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は恋人に本音を言える重要性について

まとめました。

恋人に思っていることを言うのは

勇気がいりますよね。

でも本音を伝える事で長続きをするんです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

おすすめの記事