↓今すぐwithの詳細を見てみる↓

 

どーも、じゅんです。

 

with始めてみたいけど

登録の仕方が分からないよ~

登録ってめんどくさそう…

と疑問や不安があるかと思います。

 

今回はそんな声にお答えして登録までの流れ

プロフィールのつくり方をまとめました。

これからやろうかなと考えている方は

読んでみてくださいね。

 

登録までの流れ

まず、登録はどうするのか?

画像付きで説明しますね。

①アプリをダウンロード

②フェイスブックのパスワードを入力

③アクセス許可を聞かれるのでOK

④通知を有効にしましょう

いいねやメッセージがきたときに

スマホに知らせてくれます。

 

⑥マイプロフィールの編集

マイプロフィールは

自己紹介文・基本プロフィール

詳細プロフィールの3つ。

⑦基本プロフィールを入力

▽参考記事はこちら▽

withのニックネームはどうすればいい?いいねが貰いやすいのはこれ!

なるべく多く入力したほうが

女性から見ると安心感が

ちなみに僕は年収以外登録しました★

⑧詳細プロフィールを入力

⑨メイン写真を決めましょう

メインは顔がハッキリ写った写真を!

恥ずかしがらずに笑った写真で☆

⑩自己紹介文を入力

挨拶・自己紹介・好きなもの

を意識して書きましょう。

これで登録完了!

5分もあれば完了します!

電車の移動時間や休憩時間にできますね!

 

モテるプロフィールとは?

さて登録までの流れが分かったところで

プロフィールのつくり方はどうすればいいか

詳しく解説していきます。

プロフィールでマッチング率5倍違う

と言われているので大事ですよ!

メイン・サブ写真は合計5枚は載せる

写真にはメインとサブがあります。

メイン写真には自分の顔写真をのせる。

できれば笑っている写真がベストです。

ちなみに僕は、友達に撮ってもらいましたw

 

サブの写真には何かをやっている写真を2枚

食事の写真1枚、風景の写真1枚がオススメ。

メインでは伝わらない良さをサブで表す

スポーツやお酒を飲んでる写真などが

印象がいいですよ。

 

食事はアナタの大好きなもので、

風景はお気に入りの場所を。

しかもサブを2枚以上載せると、いいね!が2倍もらえます!

 

サブが多ければ多いほど

アナタの情報が充実します。

女性への印象が全く変わります!

マッチングした女性とサブ写真の話題で

盛り上がりましたよ(^O^)

 

自己紹介文は好きなものでアピール

自己紹介文がスゴく苦手…

自分の事が上手く書けない…

適当でいいんじゃない??

と思う気持ちはスゴく分かります。

ただ、自己紹介文はかなり重要です!

 

僕も自己紹介文書くのは苦手で

色んな人のプロフィールを見て勉強していましたw

異性から見て魅力的な自己紹介文がある事に

気付いたんです!

それが、自分の好きなものでアピールするという事。

理想的な自己紹介文を紹介します。

①挨拶

②自己紹介

③好きなもの

④挨拶

 

例を挙げていきます。

①はじめまして。

プロフィールをご覧頂いてございます。

 

②○○をしている×△です。

仕事は平日なので休日は休みです。

⇒職業とニックネームを名乗る。

仕事について一言あるとベター。

 

③[好きなもの]

音楽:月に1回フェスにいきます。

スポーツ:昔は野球をやっていました。

今は見る専門です。ゴルフを始めました。

旅行:長期休暇ができると旅行をします。

国内だと京都・九州に海外だとアジアにいきます。

個性がハッキリ分かるように記載

ここでアピールしよう!!

 

④挨拶

結婚を見据えた出会いがあればいいなと思っています。

少しでも気になればいいねをお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

これらを参考にして頂くと

魅力的なプロフィールが出来上がるはずです!

いいね!も増えてマッチングもしやすくなります、

 

↓モテるプロフィールを作ってみる↓

 

 

いかがでしたか?

今回はwithの登録までの流れと

モテるプロフィールのつくり方

まとめました。

参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

まとめ

1.登録は5分で完了する

2.無料会員から始められる

3.モテるプロフィールは?

メイン・サブ写真は合計5枚

自己紹介文は好きなものでアピール

 

関連記事を載せておくので参考にしてみてください。

withの無料会員と有料会員の違いは?出来る出来ないの差はこんなに!

withにサクラや業者はいる?有料会員で1ヶ月経過した結果を報告!

withでマッチングするまでにかかる料金は?安く抑えるコツはこれ!

↓withの詳細を見てみる↓

 

おすすめの記事